Home > 糸除毛 > 糸除毛の歴史

糸除毛の歴史

1月 24th, 2010

糸を利用して、顔や身体の産毛やムダ毛を抜く糸除毛は、
中国の民間で伝わってきた美容技術です。

台湾では『挽面』、中国大陸の広州あたりでは『界面』、中国大陸北方では『絞面』、
その他『開臉』や『拉面』など、様々な呼び方で呼ばれています。

糸除毛の歴史は古く、はじまりは隋の時代にさかのぼります。
もともと糸除毛は嫁入り前にだけ許される特別な美容法だったそうです。
嫁入り前に、運のよい幸せな先輩既婚女性に糸除毛してもらうことで、
結婚生活が順調で幸せになると信じられていました。
このため、今でも糸除毛には開運効果があると言われています。

インドでも古くから糸を使った脱毛が発明され、発展していったため、
糸除毛はアジアや中東の多くの国や地域で広く普及してきました。

糸除毛で顔が明るくなれば福が来るかも!?

糸除毛で顔が明るくなれば福が来るかも!?

>>低資本で開業も可能!台湾で糸除毛を学ぶ
>>日本で受講したい方はこちら

携帯からは蝶式糸除毛スクールサイト携帯版をご覧ください。

こちらもあわせてどうぞ

かっさ・経絡講座 蝶式糸除毛講座
蝶式糸除毛1day講座オフィシャルサイト 
ブログランキング >>> にほんブログ村 資格ブログ 独立準備へ人気ブログランキングへ

糸除毛

Comments are closed.